簡易ビールサーバーの使い方

ビールサーバーの準備

1)備品の確認

まずは必要な備品の確認をしてください。

・ビールサーバー
・生樽
・減圧弁
・排水ホース
・非引火性炭酸ガス

備品の確認

2)氷を入れる

4.5㎏のブロックアイスをビールサーバーの中に入れます。
これは下にある鉄板を冷やすためで、鉄板が冷えているとキレイに泡が出るようになります。

逆にしっかり冷えていないと泡だらけになり、ビールをロスしますのでご注意ください。
鉄板が冷えるまで15分ほど待ってください。

氷を入れる

3)排水ホース

中の氷が溶けると排水溝から溶けた水が排水されます。

屋内で利用する場合は排水ホースを使ってバケツなどに排水してください。

排水ホース

4)炭酸ガスを繋ぐ

次にビールサーバー本体と炭酸ガスを繋いでいきます。

ガス漏れが起きる可能性がありますので、レンチでしっかり固くしめてください。

炭酸ガスを繋ぐ

5)生樽を繋ぐ

ビールサーバー側は、しっかり奥まで押し込んでください。
しっかり押し込むと引っ張っても抜けなくなります。

生樽側は爪の位置を確認して差し込み、時計回りに回します。

生樽を繋ぐ

6)ガス圧の説明

屋内や涼しい場所では『2.0』のメモリに合わせてください。
屋外や暑い場所では『2.5』のメモリに合わせてください。

ガス圧は大きければ大きいほど泡が出やすくなります。

ガス圧の説明

これでセッティング完了!

実際にビールを飲むための手順

まず炭酸ガスのバルブを全開にします。
次に生樽とサーバーを繋いでいるヘッド部分を右に回します。
これでサーバーにビールが送られていますので、サーバーの取っ手を前に倒すとビールが出てきます。

★★★最初の氷を入れてから15分経過しているか今一度ご確認ください★★★

■取っ手
手前に引く→ビールが出ます
奥に押す→泡が出ます

泡抜き

美味しくビールを注ぐ方法

斜め45度にコップを合わせます。
ビールを8割ほどコップを水平に戻しながら注ぎます。
ビールを入れても泡が少なかった場合は、取っ手を奥に押して泡を足してください。

完成